Press "Enter" to skip to content

性質

nana181677 0

クモ膜下出血とは9割近くが「脳動脈りゅう」と呼ばれる脳内の血管にできた不要な瘤(コブ)が破れることが理由となって発病する脳の病気だと多くの人が認識しています。
体脂肪の量は変動が無いのに、体重だけが食物摂取や排尿などにより一時的に増減する際は、体重が増えた人は体脂肪率(percent of body fat)は低くなり、体重が減った方は体脂肪率が高まることがわかっています。
UV-B波は、UV-A波と比較すると波長が短いという性質があるのでオゾン層を通る際にその一部が吸収されますが、地表まで届いたUV-B波は皮ふの表皮の内部で細胞のデオキシリボ核酸(Deoxyribo Nucleic Acid)を破損させるなど、肌に良くない影響を与えます。
今時の病院の手術室には、お手洗いや専用の器械室、手術準備室を設置し、オペ中にレントゲン撮影できるX線装置を置くか、そうでなければ付近にレントゲン撮影の専門室を設置するのが一般的だ。
チェルノブイリ原発の事故の被害者の追跡調査のデータによると、体の大きな大人よりも体の小さい子供のほうが分散した放射能の悪い影響を一段と受けやすいことが明らかになります。
AIDS(エイズ)とはHIV、つまりヒト免疫不全ウイルスの感染によって生じるウイルス感染症の病名であって、免疫不全に至り些細なウイルスなどが原因の日和見感染や癌などを複数発症してしまう病状そのものの事を指し示します。
食事の際は、食べようと思った物を気軽に口へ運んで幾度か噛んで後は飲み下すだけだが、その後も身体は実に律儀に活動し続けて食物を身体に取り入れるように努めているのだ。
「いつも時間がない」「手間のかかる付き合いが苦手だ」「あらゆるテクノロジーやインフォメーションの著しい進歩に付いていくことで精一杯」など、ストレスを感じやすい状況は人によって異なります。
老化による難聴ではちょっとずつ聴力が低くなるものの、多くの場合は60歳を超えないと聴力の悪さを確信を持って自認できないのです。
臓器である前立腺はその成長や働きにアンドロゲン、すなわち雄性ホルモンが密に関係していますが、前立腺に現れたがんも同様に、アンドロゲン(雄性ホルモン)の働きを受けて成長してしまいます。
鍼灸用のはりを痛みの発生源に刺す、という直接的な何か所もの刺激は、神経細胞を活性させ、神経インパルスという名の要は電気信号伝達を誘引するという見解が一般的です。
耳鳴りは大きく2種類に分けることができ、本人だけに聞こえるような「自覚的耳鳴り」と、血流のように当事者だけでなく他の人にも性能の良いマイクロホンなどを使用すると感じると言われる「他覚的耳鳴り」とがあるそうです。
最も大きな内臓である肝臓に脂肪やコレステロールが付着した脂肪肝(fatty liver)という病気は、脳梗塞を代表とするいろんな疾病を起こす可能性があるのです。
インキンタムシ(陰金田虫)とは、正式には股部白癬と呼び、白癬菌というカビの一種が股間や陰嚢(いんのう)、お尻などの部分にうつり、定着してしまう感染症で即ち水虫のことなのです。
ビタミン欠乏症である脚気の症状は、手や脚が何も感じない麻痺状態になったり脚の著しいむくみなどが中心で、進行してしまうと、最悪のケースでは呼吸困難に至る心不全を起こすことがあるようです。