Press "Enter" to skip to content

脂肪

nana181677 0

ダイエットに勤しむあまりカロリーを抑制する、ほとんど食べない、等の暮らし方が結果的に栄養までもを不足させ、慢性的な四肢の冷えを誘発する事は、多くの医療従事者が危惧されています。
触れ合うことで、当事者がセラピードッグのことをとても可愛いと思うことによってオキトキシンというホルモンが多く分泌されれば、ストレスの低減や心の癒しなどに繋がっているのです。
毎日の規則正しい日常生活、腹八分目を志すこと、続けられる運動やスポーツ等、古臭いとも言える健康についての思いが皮膚の老化防止にも役立つのです。
「体脂肪率(body fat percentage)」というものは、体内の脂肪の占めている歩合のことを指し、「体脂肪率(たいしぼうりつ、パーセント)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(body weight、kg)×100」というシンプルな数式で算出されます。
エイズ(AIDS)はHIV、つまりヒト免疫不全ウイルスの感染によって生じるウイルス感染症の事であり、免疫不全へと至り些細な真菌などが原因の日和見感染や癌などを発症する病状を指しています。
既に歯の表面のエナメル質を減らすほど悪化してしまった歯周病は、悲しいかな炎症が和らぐことはあっても、なくなった骨が元の量に再建されるようなことはないでしょう。
体重過多に陥っている肥満というのは当然摂取する食物の種類や食生活の質、運動不足が誘因ですが、量は変わらないごはんであったとしても、かきこむように食べ終わる早食いを続けていれば脂肪過多に陥っている肥満(obesity)を招きやすくなります。
人間の耳の内部構造は、大きく「外耳(outer ear)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3か所に分かれていますが、中耳の近くに様々なバイ菌やウィルスなどが付着して炎症が起こったり、液体が溜まる病を中耳炎と呼んでいます。
胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、4日前後きちんと薬を飲めば、一般的に9割近くの患者さんの自覚症状はゼロになりますが、かといって食道粘膜の炎症反応が全快したわけではないようです。
大多数の人に水虫といえば足をイメージし、特に足の裏や指の間にできやすい病気として知られていますが、原因菌である白癬菌が感染する所は足だけということはなく、体中どこにでもうつるという恐れがあります。
道路交通事故や高所からの転落事故など、とても強い圧力がかかった場合は複数の部分に骨折が生じてしまったり、骨が外部に露出する複雑骨折となったり、重症の時は臓器が損壊してしまうこともあるのです。
基礎代謝(きそたいしゃ)というものは人間が横臥位でじっとしていても必要なエネルギー量のことであり、その大部分を体中の骨格筋・内臓の中で最も大きな肝臓・頭部の脳の3種類が占めると言われているようです。
UV-B波は、UV-A波に比べると波長が短く、大気中にあるオゾン層で一部が吸収されるものの、地上に届いたUV-B波は肌の表皮の内部で細胞の遺伝情報を傷つけてしまうなど、肌にとって悪い影響をもたらすと言われています。
普通ならば骨折を起こさない程の僅かな力でも、骨のある決まった所に何度も繰り返してひっきりなしにかかることによって、骨折に至ってしまうことがあるようです。
歳を重ねることが原因の耳の聞こえ辛さは段階を経て聴力が落ちるものの、一般的に60歳を超えないと聴力の衰えをしっかりとは自覚できないものです。