Press "Enter" to skip to content

肝臓

nana181677 0

肥満の状態というのは当たり前のことながら食生活の習慣や栄養バランス、運動不足などが原因ですが、量が等しい食事であれ、慌ただしく食べ終わる早食いをしていれば肥満(obesity)の状態を招く可能性があります。しゃ)というものは人間が動かずにじっとしていても燃焼してしまう熱量であり、その50%以上を様々な骨格筋・内臓の中で最も大きな肝臓・脳の3つで消費するということをご存知ですか?
暗い場所だと光量が足りなくてものを見るのが難しくなりますが、より瞳孔が開くので、水晶体のピントを合わせるのに不必要な力が使われてしまい、光の入る所でモノを眺めるよりも疲労が大きいと言えます。
栄養バランスの優れた食事を1日3回とることや体を動かすことは無論、肉体面と精神面の健康やビューティーを目的として、サブに色々なサプリメントを飲用する事が一般的なものになったようです。
男性の生殖器である前立腺はその成長や活動にアンドロゲン、すなわち男性ホルモンが大きく関連していて、前立腺に発生した癌も同様に、アンドロゲン、即ち男性ホルモンの働きを受けて成長してしまうのです。
加齢に伴う耳の遠さでは緩やかに聴力が落ちていきますが、通常は還暦くらいまでは耳の衰えをきちんとは認識できないものです。
平成17年2月から新たに特定保健用食品の容器において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意喚起の文言の印字が食品メーカーの義務となっている。
脂漏性皮膚炎というのは皮脂の分泌異常が主因で発病する湿疹で、皮脂の分泌異常の主因として性ステロイドホルモンの均衡の崩れやビタミンB群の不足などが大きいと考えられています。
トコトリエノールの機能の中では酸化を遅らせる作用が格段に知られていますが、更に肌を美しくする効果や、血清コレステロールの生成を抑えたりするということが確認されています。
お薬、アルコール、色々な食品添加物などの物質を酵素によって分解し、無毒化する作用のことを解毒といい、肝臓が果たしている最も重要な活動のひとつです。
食事の際は、次に食べようと思った物をなんとなく口に入れて20回前後咀嚼して後は嚥下するだけだが、そのあと人体はまことによく機能して異物を人体に取り入れるよう努めている。
ポリフェノール最大の作用はL-アスコルビン酸やトコフェロールなどとは異なって、細胞と細胞の間の水溶性部分に脂溶性の部分、更には細胞膜でも抗酸化作用に優れています。
インキンタムシ(陰金田虫)は若い男の人に症例が多く、よくあるパターンとしては股間の周辺だけに拡大し、運動をしたり、風呂から上がった後など体が温まった時に強烈な痒みに襲われます。
毎年違うタイプが流行する季節性インフルエンザワクチンでは、数多くの研究の成果から、ワクチンの効能を見通せるのは、注射した14日後くらいから約150日位ということです。
AIDSとはヒト免疫不全ウイルス(HIV=human immunodeficiency virus)の感染によって起こるウイルス感染症の事であって、免疫不全を起こして些細な真菌などによる日和見感染やがん等を複数発病する症候群そのものを総称しています。