Press "Enter" to skip to content

技術は進歩します。

nana181677 0

地道に研究をして、何年か後に電気の安定供給の為に現在の発電方法と並列していける事が理想です。

原発継続と脱原発の対立は相変わらず平行線を辿っています。

原発継続派は代替エネルギーは実用化出来ない、脱原発派は浮気無料相談代替エネルギーは今すぐに実用化出来るという前提で議論をしています。

両方とも間違っていると思いますし、ここに落とし穴があります。

技術は進歩します。

例えばライト兄弟や二宮忠八が飛行機の研究をしていた頃は、空を飛ぶ機械なんて夢物語でした。

でも今は、金さえだせば飛行機で海外に行けますし、大気圏を突破出来るロケットもあります。

地道な研究とふんだんな予算を注ぎ込む事で、数十年後には我々の混迷が馬鹿らしくなるようなエネルギーが実用化されているかもしれません。

脱原発は次世代エネルギーの可能性にかけているのでしょうが、残念ながら現時点では不可能な話です。

なので脱原発を主張するにしても、今すぐというのも荒唐無稽な話です。

以上を踏まえ、且つ政府が方針を定めずに原発であれこれをしている事も踏まえると石原都知事のプロジェクトは代替案として建設的です。