Press "Enter" to skip to content

これを解決できるのは

nana181677 0

「おいらは日本人だから、こうやられたら傷付くよ」
「私は中国人だから、こうするのが当然」

「日本人のおいらにとって、これは好意の表現だよ」
「中国人の私にとって、これは屈辱以外の何物でもない」

どちらが正しいのか、あるいはどちらも間違っているのか、それともどちらも正しいのか、ケース・バイ・ケースではなくて、常に分からない問題だと思う。ここでは、たまたま住んでいるから中国を例に出しているけど、他の国でも同じ問題は起こり得ると思う。

これを解決できるのは、きっと互いの思いやりだけなのではないだろうか。
「おいらは日本人だから、こうやられたら傷付くよ、でも中国人のあなたの好意だって分かってる」
「私は中国人だから、こうするのが当然だけど、それがあなたを傷つけたのならばごめんなさい」

「日本人のおいらにとって、これは好意の表現だけど、気に入らないならもうしないよ」
「中国人の私にとって、これは屈辱以外の何物でもないけど、好意の表現だっていうことは理解した」

この気持ちが大切なのではないかな?と思います。